ようこそDVDコピードットへ

知っとこDVDの層

市販のDVDには、大きくわけて「1層式」と「2層式」の2つに分かれております。

「1層式」と「2層式」のちがいってご存知ですか?
私が初心者のときはさっぱり意味がわかりませんでした・・・
違いは、データを記録できる層の枚数のことです。

この記録層は1枚あたり、約4.7GBのデータが書き込めるようになっており、一般的に普段コピーする時のメディア(DVD-R、DVD+R など)は、1層式(記録層が1枚)のが主流となってます。

今ではDVDのコピーに便利なドライブが安くなってきてるので、市販のDVDをコピーして鑑賞する人間が増えたせいなのか、DVDのメーカー側は手を打ってきました。
それは・・・記録層を2枚に増やして「片面2層式」規格でDVDを売り始めたのです。
記録層が倍増したことにより、片面2層式のDVDは、4.7GB までしか書き込みのできなかったDVD-Rを8.5GBものデータを記録することができるようになり、物理的にコピーできない代物となってしまいました。(これはメーカーの味方ですね。)

新しくの販売されているDVDのほとんどは、片面2層式となってます。
Windows環境をお持ちなら「マイコンピュータ」でコピーしたいDVDの容量をチェックして、容量が4.7GBをオーバーしてないか確認してみてください。ほぼ、超えていると思います。。。

片面2層式

実は「片面2層式」を攻略する、さまざまな方法&ツールが考えがあります。

その1:4.7GBのメディアが収まるように、もとのデータを圧縮する!
※「トランスコーディング」と呼ばれております。

「CloneDVD」や「DVD Shrink」など、このやり方でほとんど2層式を攻略してます。

圧縮を行う上で画質は落ちてしまうのですが、メディアは1枚で済むことができるので、きわめて低コストでコピーできるといった大きなメリットが特長です。
※メディアは安いところから購入すると1枚40〜50円なので、レンタル代がお得になります)

2.4.7GBのメディアを2枚使用して、もとのデータを半分ずつ書き込む!
この分割タイプは、「DVDFab」や「Super DVD Zcopy4」というツールが採用してる攻略法で、メディア代が倍増してしまいますが、画質の質は落とさずにコピーができるという大きなメリットです。

ここ最近は、待ちに待った片面2層式メディアである「DVD±R DL」が登場しました。1枚約500円する高価なメディアではありますが、片面2層式を直接コピーできるので、完璧なコピー方法です。

ですが、デメリットがあり、まずはメディアの値段が高い。再生互換性が低くて、コピーしても再生できるプレーヤーが少ない。1層目から2層目へ切り替わる時、映像にノイズが入りやすい。といったことがあるようです。「DVD±R DL」が良いとは一概に言えない状況だと思います。

しかし、ユーザーの間で「DVD-R DL」は待望のメディアであるだけに、今後は低価格化とともに、DVDコピーの主役となっていくことは、ほぼ間違いないでしょう。

Valuable information


リスト販売業者比較 | 法人・営業・企業リストをお探しの方必見
(c)DVDコピードットAllright Reserved.